星の子保育園は、滋賀県大津市にある自然環境に恵まれた保育園です。

ほけんだより 9月

夏の暑さも和らぎ、少しずつ秋の訪れを感じるようになりました。報道でご承知のとおり、新型インフルエンザが流行期に入り、金にrン地域でも発症しています。インフルエンザを寄せ付けない丈夫な身体づくり、環境づくりに気を配り、元気に乗り切りましょう!

 

1、インフルエンザはどうしてうつるの

 飛沫感染・・・インフルエンザにかかった人の咳やくしゃみは2メートル飛びます。ウイルスを吸引することで感染しいます。

 接触感染・・・ウイルスが付着したものにふれたり、テーブルやドアノブなどを介して、鼻・口からウイルスが侵入し感染します。

2、潜伏期間:1日~5日(平均3日)

3、感染機関:発症3日~7日間はウイルスを排出するため、他の人にうつす可能性があります。

4、予防 手洗い、うがい、睡眠とおバランスの良い食事

5、受診のタイミング・・・発症後6時間から48時間以内に受診しましょう。医療域間では簡易迅速検査で診断されますが、発症から最低6時間くらいたたないと、反応がでないことが多いです。

インフルエンザの治療薬として抗インフルエンザ薬(タミフルやリレンザ)を処方されることがあります。この薬はウイルスの増殖や重症になるのを防ぎますが、発症してから48時間以内に服用しないと十分な効果が期待できません。

6、看病のポイント

・熱の場合は、アイスノンや保冷剤を用い、わきのしたや太ももの付け根など大きな血管を冷やしましょう。

・看病する人もマスク、手洗いをしましょう!定期的に換気しましょう。