星の子保育園は、滋賀県大津市にある自然環境に恵まれた保育園です。

保育内容
  • 理念
  • 方針
  • 目標
  • 環境
理念

乳幼児期は、子どもたちが心身ともに健やかで幸せな一生涯を送るための基礎を培う、きわめて重要な時期です。その生活時間の大半を過ごす場所である保育所において、子どもたちが人や自然、社会や文化に触れ、豊かな情操が育まれる場になるよう努めます。保育所で安心して生活する中で、子どもの心情、物事への興味や意欲、基本的生活習慣などの人間形成の基盤を培い、「今日も一日楽しかった」と子どもが満足感をもつことができる保育を心掛けます。

方針
  • 健康な身体と豊かな心を育み、人との関わりから学び合う人間へと成長するよう、子どもたちの生きる力を育てる
  • 子どもひとりひとりを大切にする保育
目標
  • 美しい心、輝く瞳をもつ子どもに育てる
  • 健康でいきいきとして明るい子どもに育てる
  • 体験の積み重ねから子どもたちの生きる力を育てる
  • 豊かな感性と思いやりのある温かい子どもに育てる
  • みんなと力をあわせて喜びを分かち合う子どもに育てる
環境
キラキラ揺れる 湖に 夢描きながら 鳥が舞う 丘のひだまり 星の子よ みんないきてる やわらかい

園歌にあるように、星の子保育園、第二星の子保育園は、JRおごと温泉駅から車で3分、徒歩で13分ほど坂道を上った丘の上にあり、眼下に雄大な琵琶湖をのぞむことができる場所にあります。

子どもたちは園舎や園庭から琵琶湖を眺め、湖面の表情から天候や自然の計りしれない力を感じ取っています。また、鳥の声や緑があふれる環境の中で元気一杯遊んでいます。

  • 仰木星の子保育園
  • 仰木西公園

仰木星の子保育園は閑静な住宅街の中にあり、広大な仰木西公園に隣接しています。広いグランド、芝生の公園や紅葉する木々、小高い丘や土手、小川と桟橋など環境に恵まれた西公園で、子どもたちは、タンポポやヨモギ摘み・虫探し・ドングリや落ち葉拾いなど四季折々の自然遊びをしています。また、ここでマラソンや駅伝大会もしています。

星の子菜園では四季折々の野菜を栽培し、子どもたちが水やりや観察、収穫から料理までを日々の保育の中で経験します。五感をおもいっきりつかって自然を感じ、豊かな感覚や情操を育んでいきます。いのちのつながりを感じて「いただきます」のご挨拶も大切にしています。